東京百寿者研究、全国超百寿者研究の研究参加者の皆様へのお知らせ

このたび慶應義塾大学医学部百寿総合研究センターでは、理化学研究所と共同で超百寿者およびそのご家族の血液中のRNA 全体、および1細胞ごとのRNA 解析を行い、超百寿者の方に特徴的なT 細胞が存在することを論文発表いたしました(Hashimoto K, et al. Single-cell transcriptomics reveals expansion of cytotoxic CD4 T cells in supercentenarians. Proc Natl Acad Sci U S A. 2019 Nov 26; 116(48): 24242-24251. doi: 10.1073/pnas.1907883116. Epub 2019 Nov 12. PMID: 31719197)


つきましては、本研究で解析させていただいたRNA の配列情報を、日本の公的データベースである国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)バイオサイエンスデータベースセンター(NBDC)に登録させていただきます。登録を行うことによる研究参加者の皆様への新たな負担は一切ありません。また研究参加者の皆様のプライバシー保護については最善を尽くします。


詳しくは添付の文書をご覧いただき、本研究への協力を望まれない場合にはその旨をお申し出ください。


▶ 慶應義塾大学医学部百寿総合研究センターが行う百寿者・超百寿 者研究にご参加いただいたご本人およびご家族の皆様の血液から抽出したリボ核酸(RNA)を用いた医学系研究に対するご協力のお願い

 

投稿日:2020年2月10日|カテゴリ:研究参加者